【受付中】第5回 大阪移行期医療研修会 「大阪におけるてんかん・神経筋疾患の移行期医療を考える!」開催のご案内

<現 在 事 前 登 録 受 付 中>

💡 第5回大阪移行期医療研修会 開催プログラム

 

※携帯アドレスでのご登録は事前資料がお送り出来ない場合がございますのでご遠慮ください。また、登録されていない方との URL の共有もご遠慮ください。

 

P  R  O  G  R  A  M


総 合 司 会: 鳥辺医院 副院長 鳥邊泰久


イントロダクション

① 大阪における難病医療推進の取り組み

大阪大学大学院 情報総合医学小児科学 教授

大阪府難病医療推進会議 座長 大阪府移行期医療推進会議 座長

大薗 恵一

② 本研修会のねらい

大阪母子医療センター 臨床検査科主任部長

大阪府移行期医療支援センター センター長

位田 忍

 

講  演

① てんかんの移行から見えてきた転科・転院困難例をどう併診するか?

大阪母子医療センター 副院長 小児神経科 主任部長

大阪府移行期医療推進会議委員

鈴木 保宏

② 小児と成人のてんかんの違い ~移行例を受ける立場から~

小出内科神経科 院長

小出 泰道

③ 神経筋疾患の移行期医療

大阪刀根山医療センター 小児神経内科部長

日本神経学会 小児一成人移行医療対策特別委員会 委員

齊藤 利雄

 

ディスカッション

併診の在り方 ~役割分担について~ など



ページ上部へ戻る